TASTE-YIELD食味・収量

よい圃場かどうか、なんとなく把握してるだけ… 結局、毎年同じことの繰り返し

KSASなら…その問題、解決します!

収穫時

KSASでは… 食味・収量センサ付きコンバインで 刈取しながら収量と食味(タンパク値)が分かる

対 象

食用米、酒米、大麦、小麦、大豆(収量・水分のみ)
もち米・低アミロース米などの機能米は、正確に測定はできません。

※収量センサの精度については、収量±5%(グレンタンク容量500kgの場合)、食味センサの精度については、水分含有率は概ね±1.5%、タンパク含有率は概ね±0.5%以内の精度となる様、設計していますが、圃場・作物条件によって、これらの精度から外れる場合があります。

電子地図 普通型コンバインWRH1200,自脱型コンバインDIONITH液晶モニタ

データはKSASに送信され、分かりやすいグラフで圃場ごとの成績を確認できます。

翌年の施肥設計や水管理などに役立てることができます。

※PFコンバインのタンパク測定値は、圃場毎に施肥設計して食味と収量を改善するために活用・個人販売に役立てることができますが、従前の集荷機関・業者・団体がある場合には、測定条件・環境により測定値が異なる場合があるため、従前の集荷基準を優先願います。

食味(タンパク質)・収量の分布図 電子地図

春作業時

KSASで圃場1枚ごとに 施肥設計を行う

この圃場は少し施肥料を減らそうかな?

施肥設計画面

施肥設計画面

スマートフォンを通して施肥量を 農機(トラクタ・田植機)に送信!

スマートフォンを通して 施肥量を農機(トラクタ・ 田植機)に送信!

圃場ごとに量を間違えず、
確実な施肥を行うことができます!

KSAS対応の農機と連動することで、品質向上への取り組みをサポート。

  1. 1【評価】刈取りしながら、食味・収量の確認・把握する。
  2. 2【分析】KSASで、食味・収量データを蓄積し課題を見つける。
  3. 3【計画】データや課題に基づき、翌年度の改善計画を行う。
  4. 4【実行】翌年度、トラクタ・田植機で、計画通りの施肥を行う。

品質向上サイクル

品質向上サイクル

KSASとKSAS対応機を活用した改善例

※実際にお客様が取り組まれた改善事例を参考に、クボタが作成したデータです。

A様の目標

反収480kg(8俵)以上
タンパク含有率5.5〜7%

1年目

お米の直接販売をしているため、
特に食味重視のA様。

1年目は、全体的にタンパク値が
やや高めな圃場が多い。

食味(タンパク質)・収量の分布図

2年目

追肥をやめたことで、食味(タンパク値)が
改善
され、全ての圃場を目標内に収めることができた。

しかし、全体的に収量が
下がってしまった…。

食味(タンパク質)・収量の分布図

3年目

元肥の量を少し増やし、
食味(タンパク値)を目標内に抑えたまま、
収量を向上することができた!

食味(タンパク質)・収量の分布図

動画で分かる!食味・収量

食味・収量の動画を見る

食味・収量管理をKSASと食味・収量センサ付きコンバインを使って解決!
田んぼごとの施肥設計や翌年の改善も可能になります。

その他の機能も見る