ROUTEPLAY作業軌跡再生

ほ場での作業軌跡を動画で
振返る

ことができます。
「よい・役に立つ!」と思った
作業軌跡は保存することで、
半永久的に情報を残すことが
できます。

※保存していない作業軌跡は1年半たつと見れなくなります。 ※一ほ場あたり10件の作業軌跡が保存できます。

トラクタでは

例えば暗渠作業をどのように
行ったか

確認できたり、
畦を何本塗ったか
確認できたり…

解説画像

田植機では

変形田でどんなルートで
作業をしたか確認できたり、

解説画像

コンバインでは

変形田でどんなルートで
作業をしたか確認できたり、

解説画像

過去の作業を振返ったり、
熟練者の作業方法や手順の
ノウハウを分かりやすく伝え、
人材育成に役立てることが
できます。

  • KSASで日誌が作成されている作業の軌跡が記録されます。
  • KSAS対応直接通信ユニット搭載機だと、機械の位置情報が表示されます。
  • KSAS対応無線LANユニット搭載機、やKSAS対応機以外だと、
    機械に乗っているオペレーターが持っているスマホの位置が表示されます。
  • KSAS対応機だと、PTO回転のON/OFF、植付のON/OFF、刈取のON/OFFが点の色違いによって分かります。
    ※無線LANユニット搭載トラクタは、PTOのON/OFFが分かりません。
  • KSAS対応機以外でも、スマートフォンを持って作業していると、本機能を利用することができます。
  • GPSの電波状況によっては、実際の作業位置とGPSで取得した位置情報が一時的に数百メートル程度、数時間にわたってずれ、作業日誌の作業位置や作業軌跡が実際と合わない場合が稀に発生しますが、上記はGPSの電波状況によるもので、機械の異常ではなく、しばらくすると復旧いたします。
    ずれが発生した際は、作業日誌の作業圃場を手動で修正してください。(修正方法の詳細はこちら
    ただし、作業軌跡自体の修正はできませんのでご了承ください。