KSAS クボタ スマートアグリシステム

会員ログイン(パソコン向け)
会員ログイン(スマートフォン向け)
メニュー

『クボタスマートアグリシステム(KSAS)』が、
日本GAP協会より「JGAP」の推奨システムとして認定。

2015.10.01

KSAS / JGAP

~農林水産業が推奨する農業生産工程管理手法のひとつ「JGAP」を、より身近なものにします。~

「JGAP」とは

認定証

JGAP 対応農業管理システム推奨決定書

農林水産省が推奨する農業生産工程管理(GAP…農業生産活動が適切に行われているかを様々な点から管理・記録する手法)のひとつで、農産物を生産する農場・団体が食の安全や環境保全に取り組んでいるかを示す「適切な農場管理の基準」であり、かつその基準を満たす農場に与えられる認証制度です。

JGAPは農薬・肥料・水・土・組織など農場管理の明確な指標であるため、実践すれば、農業生産活動の適切な管理ができるとともに、認証を取得すれば、食の安全や環境保全に取り組む農場として消費者からの信頼を得ることもできます。現在2,529の農場が認証を受けています (2015年3月末) 。
 JGAP青果物2010の管理点128項目中23項目でKSASを活用することにより適用基準に対する達成レベルを証明することができるようになります。

KSAS画面