VERSIONUPバージョンアップ情報

バージョンアップ情報

圃場での作業軌跡を動画で振返れるようになりました。
熟練者の作業方法や手順のノウハウを分かりやすく伝え、人材育成に役立てることができます。


トップページの「日誌」に
カーソルを合わせ、「作業軌跡再生」
クリックしてください。



できること



圃場での作業軌跡を動画で振返る
ことができます。
「よい・役に立つ!」と思った
作業軌跡は保存することで、
半永久的に情報を残すことができます。

※保存していない作業軌跡は1年半たつと見れなくなります。
※一圃場あたり10件の作業軌跡が保存できます。




トラクタでは、
例えば暗渠作業をどのように行ったか
確認できたり、
畦を何本塗ったか
確認できたり、

田植機では、
変形田でどんなルートで
作業をしたか確認できたり、

コンバインでは、
例えば湿田で乾田部分を
先に刈り取ったことが分かったりと、
過去の作業を振返ったり、
熟練者の作業方法や手順の
ノウハウを分かりやすく伝え、
人材育成に役立てることができます。

ここまでご説明したところで、
頭の中には「振返りマップ」との
違いについてハテナが浮かんでいるのではないでしょうか?

旧「振返りマップ」→新「軌跡から日誌作成」は、
名前変更の通り、
軌跡を見て後から日誌を作成する機能

「作業軌跡再生」は、
軌跡自体を保存して振返る機能という
違いがあります。
必要に応じて使い分けてください。

・KSASで日誌が作成されている作業の軌跡が記録されます。
・KSAS対応直接通信ユニット搭載機だと、機械の位置情報が表示されます。
・KSAS対応無線LANユニット搭載機、やKSAS対応機以外だと、
 機械に乗っているオペレーターが持っているスマホの位置が表示されます。
・KSAS対応機だと、PTO回転のON/OFF、植付のON/ OFF、
 刈取のON/ OFFが点の色違いによって分かります。
 ※無線LANユニット搭載トラクタは、PTOのON/OFFが分かりません。
・KSAS対応機以外でも、スマートフォンを持って作業していると、本機能を利用することができます。
・GPSの電波状況によっては、実際の位置とずれてしまう可能性があります。



今回のバージョンアップと同時に行った小改善

《圃場情報のエクセル出力順序を圃場情報画面の表示順に合わせました》
《圃場マップの縮尺を確認できるようになりました》



今回のバージョンアップと同時に行った不具合修正

《KSASアプリ(ダウンロード版)がAndroid9に対応しました》
《GoogleChromeの最新版で天気予報のスクロールバーが操作できない不具合を修正しました》
《KSAS対応田植機との連動時に警告画面が表示される不具合を修正しました》

ご不便をお掛けしていた皆様にはお待たせし、申し訳ございませんでした。



その他ご連絡事項

KSASモバイル(トルク)でKSASアプリ(ダウンロード版)を利用した場合、作業進捗画面を見ることができません。(※)Android4.3以下の端末はサポート対象外のため。
申し訳ございませんが、トルクで作業進捗画面を見る際はKSASアプリ(WEB版)をご利用ください。