積算温度機能を追加しました

Vol.10 パソコン
リリース
2022年7月6日

積算温度機能でできること

Point.1NEW

積算温度機能では気象データ※1の値を元に、圃場の積算温度の到達日計算ができます。
例えば、水稲では出穂期から約1000℃の積算気温※2で収穫時期を迎えるとされています。
積算温度機能を使えば出穂期の日付から収穫の時期が予測でき、作業計画が立てやすくなります。※3

積算温度機能では気象データの値を元に、圃場の積算温度の到達日計算ができます。

※1 (株)ライフビジネスウェザーが国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の許諾を得て開発・提供する「LBWメッシュ農業気象データ」を基に作成しています。
※2 品種・地域によって変動します。
※3 日々変化する気象予報情報を使い、最新の予測日を提供します。

積算温度を計算する代表圃場を10枚まで登録できます

Point1NEW

開始日と到達温度を設定して、到達日の予測をすることができます。
積算温度に利用する気象データは毎日1回更新されるので、最新の情報が反映されます。

例えば開始日を出穂期、到達温度を1,000℃にすることで、収穫時期の予測ができます。

積算温度を計算する代表圃場を10枚まで登録できます
Point2NEW

指定した期間の積算温度を計算することができます。

例えば、例年通りの出穂期と収穫時期を入力することで圃場ごとの到達温度の参考値がわかります。
他にも、到達日までの進捗を確認したり、播種日から幼穂形成期までの予測に役立てたりすることができます。

指定した期間の積算温度を計算することができます。

メニューの「積算温度」からご利用ください

メニューの「積算温度」からご利用ください

詳しい使い方はマニュアルをご覧ください

その他のリリース情報