KSAS クボタ スマートアグリシステム

会員ログイン(パソコン向け)
会員ログイン(スマートフォン向け)
メニュー

KSAS本格コースで「確信」の農業へ

求めていたKSAS効果、想定以上。

昨年KSAS対応コンバインで刈取り、KSAS対応田植機で植付け。
KSAS本格コースの真価が問われるシーズンも終盤が近づきました。そんなKSASユーザーの声をリサーチ。
使ってよかった? 想定以上? これはできないか? …そんなKSAS最前線をリポートします。

茨城県 H様

食味も、収量もKSASで見える化、実現。

茨城県 H様

コンバインと連動 これが魅力!

KSASには去年の6月サービス開始になってすぐに加入しました。実は加入前から、息子が大学で電子工学をやっていたので、農作業の管理ソフトを作れないか、電子マップを使って作業管理ができないか、という相談をしていました。それほどほ場管理・作業管理の電子化を求めていました。 そんな折、クボタからKSASを紹介してもらいました。クボタのシステムはコンバインと連動しているというところが気に入り、KSASを導入しました。

KSASを確認する様子

待望のKSASを導入。

これからは、数字で見られる農業

何百枚とあるほ場、その1枚1枚がどれだけ収量があるのかがわからないわけです。今まではざっくりこれくらい穫れた、という感覚で捉えていました。クボタのKSASはほ場1枚ごとに収量・食味の管理ができる、それが良い!翌年の施肥調整で収量を確保したかったから、これが導入に踏み切った理由です。これは見える農業というか、数字で見られる農業。数字で見える化するというのは私にとっては非常に魅力です。

KSASでこんな発見も!

例えばこのほ場はたくさん穫れているのに、隣のほ場は穫れないなと思っていたことがありました。でもそれは思い込みでした。逆にここは穫れる田んぼだと思っていたのに、全く穫れていなかった。これはKSAS対応コンバインで刈り穫って初めてわかったことです。目標は反収9俵です。そして品質をキープするのも目標です。

乾燥機の様子

将来的には水分量で乾燥機を使い分けたい。

収量は上げる タンパクは下げたい

請け負っているお客様に、収量と食味を教えて欲しいと言われたのでKSAS対応コンバインで測ってみると、収量が多いが、タンパク値も高いことが分かった。このようなデータをもとに、施肥の調整をしていきたいと考えています。まだ田植機はKSAS対応ではありませんが、肥料散布する際に調整していきたいと思っています。

ムダな肥料は撒かない

今までは肥料を増やそうとしたら、その請け負っている人の田んぼ全部に同じ量を増やしてきました。KSASを導入しデータを見たらこれではいけないなと思うようになりました。数字もそしてグラフもこうして出てくるので、これではまずいと気付かされました。肥料を撒く量もKSASで判断して減らしていくことで、大きなほ場ほど低コスト化になっていくと思います。

1日の作業量 KSASで把握

刈取りも作付けも、1日の作業量が把握しづらかったですが、KSASが記録してくれるので重宝しています。今までは全部の田んぼの面積を電卓をたたいて計算していました。それがなくなっただけでもだいぶ楽ですね。KSASでの作業管理は水稲だけではなく、すべての作物にも使えると思いますよ。

KSAS画面

収量が上がると、タンパクも上がる傾向があった。

事務所で確認 現地出向かず

農協の方から刈取り作業を依頼されるケースもありました。地図を持って指示をされましたので、我々はその場でKSASのマップと照らし合わせて確認をしました。わざわざそのほ場まで行って確認をする必要がないのでずいぶんと助かります。実際の作業の時もKSASモバイルを持たせて刈取りをしますので間違いなく刈ることができます。

水分量に合せた乾燥スケジュール

KSASモバイルはGPS付きの端末なので、1枚の田んぼのどの辺を今刈り取っているのか作業の進捗状況がリアルタイムでわかるのも大変助かります。例えば乾燥機のスケジュールに合わせて、オペレーターの方に今日はここをこれくらい刈ったらいいよと言う指示を与えて作業してもらったこともあります。乾燥機がいっぱいなのに刈り取って搬送して困ったこともありますが、そんなことが回避できるので非常に重宝します。うちは近い将来、水分含有率に合わせて乾燥機を使い分けて行こうかと考えています。そんな構想にもマッチしたシステムだと感じました。

高知県 K様

施肥の自動調量設定、KSAS田植機の技。

高知県 K様
高知県 K様

施肥量改善 10キロ単位で節減

KSAS対応の田植機になって今までと違うところは、施肥量の設定です。今までは調量設定は手でしていましたが、自動でやってくれるので助かります。うちは、ほ場によって、肥料が非常に効くところ、効かないところがあります。一度土の成分を調べてもらいましたが、数値でもちゃんと結果が出てきました。ですから肥料が効くところには10キロ単位で肥料を減らしています。そんな肥料の調量調整が自動でできるのが何より魅力です。マニュアルだと人によって施肥量も少し多い目だったり、少な目だったりしますが、これだとシステムが設定してくれるので施肥量に間違いがなくなります。それから施肥に関しては、去年どれぐらい撒いたかな、といったことがなくなりました。どうしても記憶にたよるとあいまいになっていました。うちはサツマイモの収穫後にもち米を栽培するのでこれもKSASの肥料設定でやるようにしています。

KSASモバイルを確認する様子

自動調量は間違いなく手間いらず。

KSASで農業 デスクワーク農業

2台の田植機で、作業をしていますが、どちらの田植機が今どれくらい作業を済ましたのかはっきり分かるので、作業の工程(進捗)管理が非常にしやすくなりました。そして、こちらの手を止めずにオペレーターの作業管理や作業指示ができるので、大幅に作業効率が良くなったと思います。農業でもデスクワークは必要になってくると思っています。人を雇って作業指示を出していく、そして日々の作業管理をしていく。もちろんKSASを活用した上での話しですが…。

故障時ロスタイム KSASで低減

サービス面では、どこで故障したとかどこに不具合があったのかと言うデータが飛んでいくということを聞いています。またその故障した機械がどこにあるか、と言う位置情報もわかるらしいので、サービスコールをしたときにいちいち故障した場所の説明をこと細かくしなくていいのも安心です。
 故障箇所の特定もできるようなので、部品もあらかじめ用意して駆けつけてくれれば、すぐに修理してもらえそうです。これには期待しています。

パソコンモニターでKSAKを閲覧

やがてくる、パソコンモニターを見ながらの農業。

収量拡大、販路拡大、魅力拡大KSAS!

KSAS対応コンバインの最大の魅力は食味値がわかることだと思います。お客様にもその食味の値が認知されると、販売に有効かと考えます。これも販路を拡大するために必要なことだと考えます。さらに田植え時の施肥作業においても、コンバインから、刈取りの時の情報から検討したデータを基に、施肥量が自動調量されるので収量アップが期待できます。

KSAS対応トラクタに期待

いまはコンバインと田植機がKSAS対応機ですが、トラクタのKSAS対応機の導入も考えています。サツマイモを栽培していますが、トラクタがメイン作業なので、サツマイモの栽培管理・作業管理もKSASで、と思っています。そして近い将来、全ての作物をKSASで管理しようと構想しています。


酒米作りに有効! KSAS

愛知県 S様

酒造りは、米作りから、酒米づくりにKSAS!!

愛知県 S様
愛知県 S様

酒米作りに有効KSAS!

酒米を購入する際に必ず見る項目が千粒重、胴割れ、後はタンパクの3種類。タンパクが多いと酒そのものにタンパクが持ち越されてしまうので、もろみの中にタンパクが増えて味が汚くなる、雑になる。ですからタンパクは少ないにこした事はない。酒米の生産者にとってはKSASは有効な食味のチェックツールだと思います。

点在するほ場を効率管理

地元の農家が非常に高齢化し、これからこの地域での米作りが非常に厳しくなっていくと聞いて、我々が農業に参入することにし、酒米づくりを始めました。今は22㌶ほど稲作を行っていますが、山間部なので個々のほ場の面積が小さく、そのような田がたくさんあり、しかも点在している。そんなロケーションの中で、効率的に管理するために情報端末で作業の共有を図れるKSASの導入に踏み切りました。

酒米を選別する様子

酒米を購入する際に必ず見る項目が千粒重、胴割れ、後はタンパクの3種類。

4つのシステムからKSASをセレクト

今回このような営農のシステムを4つ検討しました。その中でKSASを選びました。
 それぞれメリット・デメリットがあるんですが、KSASの良かったところは、4つの中で1番使いやすかったところです。あるメーカーさんのものは非常に高価でいろいろな機能を備えているが、我々が必要とする機能がどれだけあるかを考えたときに、それほどは無かった。クボタの突出しているところはコンバイン、田植機と連動できること。このメリットが他メーカーと比べ、先を行ってるところだと思います。昨年、コンバインのデモ機を使いましたが、その場で収量、タンパクの値がわかる。そのデータが端末から事務所のパソコンに送られて残る。それを本社で分析にかけてデータを照合して、施肥量に反映させたりして改善できることが良かった。(現在クボタでは酒米のタンパク測定技術の開発に取り組んでいます。)

酒米のサンプル

タンパクが多いと酒そのものにタンパクが持ち越されてしまうので、味が汚くなるという。

ほ場と向き合う時間ができた

以前は作業に追われるだけで、他のスタッフに指示を出すので精一杯だったのが、クリックだけで指示ができることで時間が生まれた。より田んぼと向き合える時間ができてきた。そこが非常に大きかった。

今年は全員にモバイルを

今までは作業管理はエクセルとか、手書き記録、また記憶に留めておくといったことで対応していました。しかし作業のし忘れとか重複というミスが稀にありました。田んぼも200枚程もあり、記憶に頼るということが不可能になってきました。KSASで指示・管理してゆけば、こうしたことの改善につながりそうだと思い、社長とともに導入にふみきりました。

振り返りマップで作業改善

GPSによる端末を頼りに、ほ場に行く。そこで作業をするほ場を端末で確認する。作業指示をオペレーターが端末を見て確認をする。そういった確認ができることで、作業への信頼性が生まれる。そこがとても良いです。今年は全従業員にKSASの端末を持たせたいと思っています。作業の記録ができる。これはありがたい。例えば10時から始めて11時に終わったということも、全てデータ化されて保存される。それによってこの作業が1時間かかるという記録にもなります。そんなデータによってこの田んぼは時間がかかる、この田んぼは比較的早くできるといったことがわかる。作業計画を組むのに役立ちます。また、「振り返りマップ」の機能で、ここは何回も往復しているから、ここはぬかるみか、といったような判断ができる。それによってここには今度砂を入れるとか、対策が考えられます。

インタビューの様子

地域の高齢化により、酒米づくりに踏み切る。

能率が見える! 人の配置に役立つ

能率が目に見えるんです。今までは今日は10枚やりました、昨日は13枚やりました、一昨日は10枚でした。そういったように記録は取りますが、それにかかった時間等は記録に残していませんでした。KSASだとこの作業にこの人はどれぐらいかかったと言うのがすべて記録されているので、この人はこの作業には向いていないかな、それではこの作業についてもらおうとか、人のやりくりを効率的に行えると思います。また、このような記録がずっと残っていくことで、私から代が変わったり、異動したりしたときにも次の人に分かってもらえる。ですからこの記録が残るというのは非常に価値があると思います。