KSAS クボタ スマートアグリシステム

会員ログイン(パソコン向け)
会員ログイン(スマートフォン向け)
メニュー

東北発信!!
技術伝承にKSASを活用!!

本格コースで圃場を把握、作業を習得

職人肌の父親の水稲ノウハウを引き継いでいるのか。
水稲をやり始めて3年目のご子息に、KSAS本格コースを使った感想、KSAS対応コンバイン・田植機の実作業感をレポート。

福島県 C様

KSASに出会えて私の営農知識が進化した。

親世代の農家は職人

今の水稲をバリバリやっている人たち(親)は職人ですよ。長年の経験と実績で作り上げた職人の方たちなので、この方たちが退かれると自分がはたしてやっていけるのかどうか、というのがまず不安要素でした。
 3年前に水稲に関わることになったので私には経験も知識もありません。また、その経験に追いつこうと努力しても、いまの職人的な人と同じ歳までかかってしまいます。このKSASを使えば、水稲栽培のノウハウ習得を短縮することができると思います。例えば、圃場毎の特性が把握しやすくなる。5年かかるだろうなと言われていたところが、3年になるかもしれない。いち早く把握したい。結果も出したい。まだ3年目だから仕方ない、と言われたくないですからね。
 KSASの圃場マップはイーグルアイ(鷹の目)みたいなものです。空から見て圃場があそこにこんな形であって、という作業イメージができる画像が常に自分の手元にあります。それだけでもう親とは違う視点で、職人世代とはまた違う視点で見ていけると思うのです。これからは自分が知り得たノウハウや情報を、KSASを活用していくことで次世代にプラスアルファして伝えられる。これからもっと規模を拡大し会社組織にしたときに、新たに人を雇ってもスムーズに技術移転ができると思います。

KSASを確認する様子

肥料の匙(さじ)加減できる

肥料散布は今まで全ての圃場10aあたり20kgでしたが、去年の倒伏した状況をみて、今年は圃場毎に加減して撒きました。これも圃場毎にKSASで設定した施肥量を自動調量できるKSAS対応の田植機EP8Dを入れたので実現しました。

食味・収量コンバインで実現 37株疎植

昨年クボタからKSAS対応コンバ インの実演で、通常株間と疎植株間(37株)を刈り取ってもらったら食味は変わらず、収量はアップという結果が出たので今年はコシヒカリに関しては37株疎植中心にしました。食味・収量コンバインで結果がデータで見られたので判断できました。

作付計画でコスト低減

農薬はコストが一番かかるので、KSASの農薬リストはきっちりと登録しています。計画する時点でコストが見えますから、判断材料になります。今年は昨年の散布量からコスト試算をし、箱処理剤を全面的に変えることにしました。今までは途中で補充するのに機械を止めなければいけませんでしたが、今年は比重が異なる箱処理剤に変えたら30a圃場は途中で継ぎ足さずにできました。ウチは30a圃場が多いので田植作業時間の短縮につながりました。また、KSASで作業計画を立て必要な量の除草剤を用意し持っていけたことで、足りなくなり取りに戻るといったロスタイムが無くなりました。

解り易かった動画マニュアル

文章で読んでも、イメージするのが難しいことがありますよね。やっぱり動画は一番いいです。実際こういう基準ですよ。やり方はこうですよ。ってやっていただくと非常に信用できてやりやすい。操作に不安を持っている人には非常にわかりやすくていいと思います。

圃場登録は明確に、明快に

圃場管理の色分けは、こしひかり・ひとめぼれ・特別栽培米など品種ごとにして区別しています。
 圃場名は地番、住所欄は集落名・地番までをインプットしています。

これは便利! メモ欄活用

メモ欄はよく使いますね。除草剤や肥料の散布時の注意事項を「作業指示」のメモ欄に書いておき作業時にKSASモバイルで確認します。これで間違った作業をすることが激減しました。これからも書く習慣と見る習慣をつけていきたいと思います。

C様のKSAS活用術

1 C様の圃場の管理方法

KSAS画面イメージ

(1) 圃場の色は品種・栽培法ごと(特別栽培米・ひとめぼれ・そば等・・・)に

(2) 圃場名は集落名、住所欄は集落名・地番を記載

(3) マッピングしたことで、実際の面積の参考になり、台帳との差を把握でき、利用権設定の参考になった!

2 圃場のマッピング図を見て、位置関係や作業計画をイメージ

KSAS画面イメージ

トップ画面で圃場位置の全体像を把握。

3 C様の作付計画ポイント

KSAS画面イメージ

品種・移植方法・肥料種類で作付計画を分ける

(1) 計画名:2015ECOコシヒカリ
     37K-248

品種:こしひかり
移植:37株移植
肥料:会津土づくり基肥一発248

(2) 計画名:2015ECOコシヒカリ
     37K究極一発240

品種:こしひかり
移植:37株移植
肥料:ケイカリン入り究極の一発240

(3) 計画名:2015天のつぶ
 品種:天のつぶ

4 作付計画の活用で作業ロスを減らす!

KSAS画面イメージ

(1) 圃場ごとに10aあたりの散布量を設定。
圃場ごとの散布量が事前に把握できる。

(2) 作業指示にも散布量連動。

(3) KSASモバイルで現場で確認。

5 作業指示のメモ欄の活用

KSAS画面イメージ

6 動画マニュアルで操作不安解消

KSAS画面イメージ

「マニュアル」-「動画」で動画マニュアルが見られる。
動画マニュアルで視覚で操作方法をつかむ。


東北発信!!
KSASデータをもとに作業改善

福島県 K様

KSASで変わった今年の田植え。これがIT農業か!

KSASを確認する様子

次世代農業にマッチ

KSASで一番惹かれたのはデータが残っていくところ。
この田んぼだったらこの位の肥料、そして食味がこのレベルといった数字のリンクができる。長年おやじたちから伝えられてきたことがこのようにカタチで残せれば、今の息子世代の農業のやり方には合っているんじゃないかと思います。

写真機能で記憶から記録へ

KSASモバイルで写真が撮れるじゃないですか。例えば今年倒伏がひどかった場所を撮っておけば、来年参考にできるし、いいデータになります。去年なかなかここは乾かなかったから、今年は水切りをマメにしておこうというふうな判断材料になります。記憶って枚数が増えていけば増えていくほどあやふやになっちゃうんで、データで残しておけば絶対に間違えない。これは使えますね。

頼れる!振り返りマップ

収穫時期前日までに明日やる圃場の作業計画をきっちり立てて、翌朝KSASモバイルを通じて息子たちに指示を出します。また、KSASモバイルの作業開始ボタンを押し忘れた時には「振り返りマップ」で日誌を作成しますね。
 GPSが付いているので圃場で足跡が残るのがいい。また、この圃場は30分でできた、同じ面積でも形がいいのにこっちは50分もかかっているという差が出た時、圃場が軟かったとか、倒伏がひどかったとかその要因を調べて「メモ」に入れておくようにする、来年の作業のためにそういうカタチで残すのがいいと思います。

振り返りマップで作業時間を検証!?

作業(田植)時間差、例えば面積の同じ3反の田んぼで15分作業時間が多くかかっていたら、その分の燃料がかかる。
 作業日誌一覧から作業時間を見て「振り返りマップ」で作業の軌跡を調べたことがありました。結果、その時間の差は作業者の田植えの仕方によるものだということが作業軌跡から分かり、植え付けルートを改善しました。

誰の圃場でもいつでも助っ人

圃場マップの良いところは、例えば病気して入院したから作業を助けてと知り合いから頼まれた時に、モバイルを持って行ってマップを見ながら圃場の確認をできますよね。ここで間違いないな、では作業開始っていう具合に。そういう使い方もできるよという話をされて、確かにと思いました。
KSAS入会動機のひとつです。

エラー情報の画面

お客様からの連絡後、エラー情報を営業所で確認できる

トラブル発生!肥料詰まり!!

現場で肥料が一度詰まってしまったことがありました。新製品の機械だったのでどうしていいかわからなくて、電話で確認したら、これから修理の者が行きますと。モバイル持っているからすぐに位置情報が南東北クボタさんでわかるらしいですね。だから現場に直行してもらえた。以前だったら携帯電話で道順を説明しないといけなかった。1分でも早く来て欲しいのでこれはありがたい機能です。

KSAS機械サービスシステムすごい!!

すごいなと思ったのは、クボタさんでアイドルストップした回数や、左・右の旋回の数まで分かることです。稼働情報って言うのですか。もしトラブルがあったら営業所の方でも分かるのですよね。どこが故障して、どこにいるのか。これは助かります。トラブル情報を集積して、点検・整備に反映させてくれると聞いています。予知してメンテ、これもありがたいですね。

K様のKSAS活用術

1 作業日誌一覧の画面にて、同じ面積の作業時間を比較、原因を探る

KSAS画面イメージ

2 振り返りマップで作業の軌跡を確認

KSAS画面イメージ

3 作付計画→品種ごと、作物ごとに作付計画を作成

KSAS画面イメージ