KSAS クボタ スマートアグリシステム

会員ログイン(パソコン向け)
会員ログイン(スマートフォン向け)
メニュー

2017年もKSAS会員拡大中!

宮崎県 Y様

【宮崎発信】 グローバルGAP、有機JASの認証にKSASを活用。

宮崎県 Y様
宮崎県 Y様
地図データに圃場や栽培データが紐付いているのが魅力とおっしゃるYさん。

KSASマップ
地図は重宝

KSASの地図は重宝しています。新人やアルバイトさん、うちに初めて来られた方に作業場所を伝えるのに便利です。「地図の拡大表示」機能もよく使います。作業エリア全体を見たいときは拡大した方が見やすいですし、また絞り込みができるのもいいです。

GGAP 地図で管理

グローバルGAP(※1)を取ってからは、地図上でのリスク管理目的のために使っています。これにもとてもKSASを重宝しています。最初はJGAPを取っていましたが、海外展開を考え世界基準ということでグローバルGAPに変えました。

有機JAS証明に活用

有機JAS(※2)も取得していますが検査があり、その時には栽培履歴を提出しないといけませんが、KSASの作業日誌をプリントアウトして提出するだけで大丈夫です。かなりの手間が省けました。

次世代に託す大事なメモ欄

圃場情報のメモ欄もよく活用しています。(その1)「山際でトラクタがはまったため中断」とか作業状況や、「ここは乾きが悪い」とか圃場特性なんかもまめに書き込みます。また日誌ではこの圃場で何をどのくらい使ったとかいう資材管理の書き込みもします。(その2)次の作業者に託す時に、自分たちも忘れてしまいそうなことをメモ欄で伝えることができます。

乗換えの決め手 入力がラク!!

実は以前クラウド系のシステムを使っていましたが、KSASに乗換えるきっかけとなったのは入力のしやすさと、やはりクボタさんが親身になってサポートしてくれたことですね。

※1 グローバルGAP

GAP(Good Agricultural Practices 農業生産工程管理)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のこと。日本のJGAPなど、世界各地には様々なGAPがあります。1997年にヨーロッパの流通業者等で作る団体が創設した「ユーレップGAP」という認証制度をもとに、2007年に創設された「グローバルGAP」は、世界中に広がっており、事実上の国際規格として活用されています。
【詳しくは】
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/global_gap.html

※2 有機JAS

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。この「有機JASマーク」がない農産物と農産加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。
【詳しくは】
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

宮崎県 Y様のKSAS活用術

甘しょ苗栽培にKSAS活躍!

鹿児島県 N様

【鹿児島発信】 甘しょ苗の品質向上、規模拡大に貢献!

鹿児島県 N様
離農された農家の圃場を意欲的に請負っていく。

離農された農家の圃場を意欲的に請負っていく。

苗の好評価にKSASお役立

甘しょの苗栽培が中心なので、面積はハウス2町程度です。いい苗を作るための、実証圃場と育苗用の圃場で生産しています。農家さんにいい苗を供給して、うちの技術的に対する好評価を得るため毎日研究をしています。KSASを導入したのもその一環です。

KSASで借地面積測定

離農していった農家さんの圃場をどんどん借りて受け継いでいって、集落・地域を守る、維持する取組みをしています。現状維持を自分たちでやっていかないといけない状況にはなってきています。そのような状況下でたとえばこの畑借りない?という話があった場合、そこの面積をKSASのMAP機能でマッピングして正確な面積を測ります。その規模から収穫量を想定したり、また近隣の周りの環境を見たりするのにも使います。

鳥獣被害の防犯MAPに

最近、獣被害が多く発生しています。その被害状況を確認する上でもKSASマップを鳥瞰図として活用しています。

日誌が作業進捗に役立つ

農薬散布を記録したりしていますが、作業進捗が一番ですね。日誌をつけて作業進捗を見る。これが一番有用ですね。

ここまで使いこなしたい!!

甘しょの集荷もやっています。集荷する農家さんの圃場をマッピングすることで集荷量も予測できる。まだまだ完璧とは言えませんがKSASを使ってここまで記録したいと思っています。

鹿児島県 N様のKSAS活用術

KSASで作業進捗把握と作業効率アップ

岡山県 M様

【岡山発信】 作業日誌とスマホの活用で経営の効率化を図る

岡山県 M様

入会動機は農業の見える化

基本は農業の見える化。KSASに触れて最初に使えると感じたのは圃場の管理ですね。一目見てパッとわかる。うちみたいに圃場があちこち飛んでいても管理がしやすそうという印象でした(下図1)。

作業管理や経営管理でも積極的にKSASを活用されるI課長。

作業管理や経営管理でも積極的にKSASを活用されるI課長。

日誌をつけて進捗を見る

上司からも言われています。指示書を作って作業指示を出せと。まずそれから始めないといけないだろうと。そして毎日の日誌を見ながら進捗を確認しています(下図2)。まずみんな作業したところをスマホで入力、スマホを持っていない作業者は、手書き日誌を書いてもらってそれを収集して入力。それを作業確認画面で確認し全体の作業進捗を知ります。知りたいことはそれだけではありません。誰がどのような作業を何時間したか、あと私がもうひとつ知りたいのはそこで無駄な時間がどれだけあるのか、です。

スマホ使用のメリットは…

今まで日報を手書きでしていた者からすれば、手書きしなくてよくなった。また、手書きの日誌を入力、そういうことをしなくてよくなったのは私にとってもメリットです。

作業者の位置が分かる

ここ最近新人2名を採用しましたが、スマホを持っているので位置情報をKSASのマップ上で確認できる。ここら辺は圃場が碁盤の目なので私もよく、あれ、この辺うちの田んぼがあったはずなのに無いな…、といったことがよくあります。スマホを出してきて、1本筋が違うわ! ということも度々(笑)。スマホも全く抵抗なく使って作業しています。みんな僕より詳しいです。

圃場で去年の情報を確認

要は雑草にしてもジャンボタニシにしても、去年情報を見たときに、ここ草が多かったよね、きちんと水管理しないといけないよとか、タニシがあったら薬まいておかないといけないとか。メモ覧をこのスマホからでも見て確認できるのがいいですね。

経営面でも有効KSAS

日報からほとんどすべての情報が拾い上げられるわけですよね。この圃場で何時間誰が作業して、この農薬を加えているからこの圃場はこれだけのコストがかかっていると。特に作業の効率化を分析したい。あとはその帳票が出てきて、どう経営に反映させていくか。重宝しますねこのシステムは。楽しみです。

今後の展望

今後はこのシステムを大いに活用し、岡山で40ヘクタールから100ヘクタールに、熊本でも30~50ヘクタールに規模拡大を図りたいと思っています。

岡山県 M様のKSAS活用術