KSAS クボタ スマートアグリシステム

会員ログイン(パソコン向け)
会員ログイン(スマートフォン向け)
メニュー

岡山県 Y様

【岡山発信】 多岐な営農ニーズに対応! KSAS導入で解決したのはコレ‼

岡山県 Y様
地図データに圃場や栽培データが紐付いているのが魅力とおっしゃるYさん。

地図データに圃場や栽培データが紐付いているのが魅力とおっしゃるYさん。

栽培履歴はわたしの、必須

KSASを導入してやりたかったことは「栽培履歴」。得意先に対して栽培を整理して見える化していないと、自信をもって勧められない。デパートやレストランなどにも米の営業に行きますが、小売の方にも生産現場を見てもらい、納得して取引いただくように心がけています。そのためにも生産履歴の裏づけをバックにアピールしたいのです。公明正大に物事を運ぶためには、簡単に取り出せるかたちにはしておきたい。そのためには物事の整理、情報の整理が必須。KSASはそのためのツールだと考えています。

地図とデータリンク、使える

他のシステムでは地図とデータとのリンクがやりにくかったんですよね。KSASではできる。皆さん同じことを言われています。他のシステムを実際に使っていましたが使いづらかった。農家に近い感覚のクボタのものを使ったほうが信用できます。

本当に伝えたいメッセージ、届く

いままでは従業員に「あの圃場へ苗を持って行って田植えをしてくれ、一緒に肥料を入れてね」といったことくらいしか指示できていなかった。でもKSASだとそれは作業指示を見ればわかる。KSASだとそれ以上の情報が渡せるようになるんですよ。「あの圃場の奥は田植機が入れない」など圃場の特性とか、本当に作業に必要な情報が伝えられます。(図1)

事務所で作業進捗、見える

「作業進捗」は作業のある日はずーっと見ています。2人ずつで作業するケースが多いので、スマホとともにタブレットパソコンを活用。相手の位置を確認しながらお互い作業をやっています。でも進み具合はやはり気になりますね。「当日進捗画面」で昼・夕方事務所に戻ったときに確認し、お互い応援し合う材料にしています。

スマホは便利。

スマホは便利。

「作業実績」で作業漏れ、確認

KSASを使い続けているとそれが徐々に普通になり、便利になったことに気づかないんです。だけど私はものすごく安心感がある。作業者は大変な状況下で仕事をしているので、作業を忘れたりするのは当たり前だと思うんですね。それが地図上で見える化できているので忘れを防げます。耕うんするのを忘れた、代掻きするのを忘れたとかありましたね昔。そんなことが全くなくなりました。

地図の拡大表示この機能、グッド

たとえば籾を運ぶだけとかのアルバイトで来ていただく人は、地図を拡大したものが役立つ。これを取り出して活用してます。非常にいい。

食味毎に乾燥機を分けて張り込みたい。

食味毎に乾燥機を分けて張り込みたい。

食味・収量コンバイン刈取、楽しみ!!

KSAS(食味・収量計測)コンバインを購入したのは、乾燥機毎にABCランクで仕分けて(タンパク値毎に分けて)乾燥させ販売につなげたい。お客さまに合わせたタンパク値のお米を提案するために、裏づけとして持っておきたいと考えていました。売り先によって作り方を変える時代(おいしい・安価・安全など)。それに合わせた米作りが必要だと思います。それができるのがKSASの食味・収量が測れるコンバインですよね。

社員の生活が第一。社長のポリシー。

社員の生活が第一。社長のポリシー。

われわれの目指すところ

これからは規模を拡大していきます。そうして従業員にも給料を増やしていって、いい生活をしてもらいたい。これが会社としての大きな目標のひとつです。そのためにもお客さまに応じたお米を作ることが大事だと考えています。

岡山県 Y様のKSAS活用術