KSAS クボタ スマートアグリシステム

会員ログイン(パソコン向け)
会員ログイン(スマートフォン向け)
メニュー

岩手県 M様

【岩手県発信】3機種KSASそろい踏み 次世代農業への取組み

岩手県 M様
岩手県 M様

目指しています 売れる米づくり

食味収量コンバインも導入しているので、食味で分けて個人販売を考えています。コンバインで食味と収量を圃場毎にはっきりさせて、そのデータを元に施肥計画をちゃんと立ててKSAS田植機で田植・施肥をする。売れる米づくりを目指しています。

ここが違う!圃場毎に測れる

ずっと農協で「食味評価」をしてもらいます、そしてずっとAランクに入っています。でも圃場毎には食味はでない。水持ちの良いところと悪いところがあるから、それでかなり違ってくるはず。その点が食味収量コンバインだと圃場毎にタンパク値が分かるからいい。

メンテ情報に心が動いた

トラクタもKSAS対応機を入れましたが、メンテナンス情報がいいなと思い導入しました。トラクタは3台で代かきをするし、田植機は年間300時間くらい使う。だからメンテは大事です。他のKSAS対応機もそうなのでしょうが、機械の稼動情報が分かったり、部品交換に役立つ情報が出たり順調稼動に役立つ。そこが気に入っています。

機械とシステム 未来農業に必須

あの田植機は直進は機械がやってくれてラク、なおかつ肥料の設定も機械がやってくれて、最新鋭の機械ですね。田植機として見たら最高スペックですね。若い人にも農業に興味を持ってもらわないといけない。そう思って最先端の機械を導入してやっています。今からです!

圃場把握と作付計画を立てるのがラク!

田んぼって同じような形をしているでしょ、間違えるんですよ。請け負う面積が増えてきたこともあって結構やっちゃいます。それを無くしたかったKSASで。KSAS導入の一番の目的です。良かったのは一目見て色分けしているから分かりやすい。オペレーターへの指示がものすごくし易いし、だから理解してもらい易く、それによって間違えにくい。導入して正解でした。圃場登録に関しても、以前はエクセルで地図を取りこんでそれを下敷きにして圃場をマッピングしていました。それに比べるとKSASの圃場登録はラク! 断然ラク!! また作付計画を立てるのも、地図とリンクさせ視覚化して活用しています。(KSAS活用術⑴)圃場の場所を視覚化することで、従業員と情報共有しやすくなりました。

岩手県 M様のKSAS活用術